紙から電子へと移行しよう!メリット豊富な労務管理システム

キャリアウーマン

人件費負担増を回避できる人事労務管理システム導入

業務量が増えてきて、社員が皆手一杯になってくると、とりあえず増員をと考える会社は多いです。しかし、増えた仕事の分だけ人を増やそうという考え方に対しては、少し慎重になった方がいいでしょう。それは、その増えた仕事が一時的なものか、これからずっと続くのかを判断するのにしばらく時間が必要なことと、増員以外の方法を検討する余地が常にあるためです。
例えば、人事や労務管理に関連した業務は、人事労務管理システムを導入すると、社員の数や処理すべき手続きの数が多くても、それほど人事や管理職者に多大な負担を負わせることなく業務処理できるようになります。これは、一つには、書類を使わずに電子的処理でプロセスを完了させることで、一つ一つの手続の作業量を削減できるためです。作業量が減ることで手続きの処理に要する時間も短縮でき、結果的に、単位時間内にさばける業務量が増えます。つまり、敢えて増員という方法をとらなくても、増えた仕事を無理なく片づけることが可能になるのです。
システム導入で対応できれば、増員の場合のように、重い人件費負担を負わなくて済むというメリットがあります。是非、人事労務管理システムの導入を積極的に検討することをおすすめします。

注目記事

人件費負担増を回避できる人事労務管理システム導入

業務量が増えてきて、社員が皆手一杯になってくると、とりあえず増員をと考える会社は多いです。しかし、増えた仕事の分だけ人を増やそうという考え方に対しては、少し慎重になった方がいいでしょう。それは、その増えた仕事が一時的なものか、これからずっと続くのかを判断するのにしばらく時間が必要なことと、増員以外の方法を検討する…

MORE

経費節減の一助となる人事労務管理システムを活用しよう

会社の業績が今一つという状況では、カットできるコストはなるべくカットすべしという圧力が強くなってきます。今そのような状態なら、中長期的に大幅なコストダウンが可能になる人事労務管理システムを導入してみてはいかがでしょうか。システム導入のため初期投資が必要とはなりますが、上手く活用すれば、初期投資分を回収し、かつおつ…

MORE

新着情報

  • 恒例の一括採用時の業務負担軽減に人事労務管理システムを利用しよう

    よりフレキシブルな働き方を模索する企業が多い中、多方面から批判されながらも根強い雇用習慣の一つとして、春の新卒一括採用があります。この時期が来ると、新卒社員の入社手続き、ビジネスマナー研修、専門…

    MORE
  • 人事労務管理システム活用で労働時間の適正配分を実現しよう

    一日の中で、そして年間、仕事に割り当てられる時間には上限があります。その限られた時間を可能な限り生産的に利用して、会社の収益アップや成長に貢献することが、仕事をする上では最重要なことの一つです。…

    MORE